(最終更新日:2021-10-18 12:20:23)
  マツモト ヒトシ   Hitoshi Matsumoto
  松本 均
   所属   新潟薬科大学  応用生命科学部 応用生命科学科
   職種   教授
■ 所属研究室
食品機能化学
■ 学位
博士(農学)
■ 現在の専門分野
食品科学, 栄養学、健康科学 (キーワード:アントシアニン、ポリフェノール、オリゴ糖、ビフィズス菌、商品開発) 
■ 学歴
1. 1986/04~1990/03 筑波大学 第二学群 生物学類 卒業
2. 1990/04~1992/03 筑波大学大学院 環境科学研究科 修士課程修了
■ 所属学会
1. 2018~ 日本薬学会
2. 日本食品科学工学会
■ 著書・論文歴
1. 著書  アントシアニンの科学 : 生理機能・製品開発への新展開   (共著) 2009
2. 著書  食品の生理機能評価法 : 実験モデル系、ツールの開発の新展開 第2編組織、動物個体レベルの実験モデルと評価法、第5章視覚に関連する食品因子の検討   (共著) 2007
3. 著書  Visual detection of hydrogen donor by photon emission., Biologically-active Phytochemicals in Food pp.194-198 (共著) 2001
4. 論文  Evaluation of Blood−Brain Barrier Permeability of Polyphenols, Anthocyanins, and Their Metabolites Journal of Agriculture and Food Chemistry 69,pp.11676-11686 (共著) 2021/09
5. 論文  Identification of dipyrrolone pigments and their precursors formed in the Maillard reaction of carnosine and pentose under weakly acidic conditions. Bioscience, biotechnology, and biochemistry 85(9),pp.2042-2053 (共著) 2021/09
全件表示(59件)
■ 受賞学術賞
1. 2013 日本皮膚科学会 The Journal of Dermatology  (出版社:Wiley) Most Cited Paper 2012 Impact Factor Period The Journal of Dermatology JD AWARD (Collagen-derived dipeptide, proline-hydroxyproline, stimulates cell proliferation and hyaluronic acid synthesis in cultured human dermal fibroblasts)
2. 2016/07 日本皮膚科学会 The Journal of Dermatology  (出版社:Wiley) JD Most Download Paper 2015 (Collagen-derived dipeptide, proline-hydroxyproline, stimulates cell proliferation and hyaluronic acid synthesis in cultured human dermal fibroblasts)
3. 2018 日本皮膚科学会 The Journal of Dermatology  (出版社:Wiley) Most Download Paper 2017  The Journal of Dermatology JD AWARD (Collagen-derived dipeptide, proline-hydroxyproline, stimulates cell proliferation and hyaluronic acid synthesis in cultured human dermal fibroblasts)
4. 2020 日本皮膚科学会 The Journal of Dermatology  (出版社:Wiley) Most Download Paper 2019  The Journal of Dermatology JD AWARD (Collagen-derived dipeptide, proline-hydroxyproline, stimulates cell proliferation and hyaluronic acid synthesis in cultured human dermal fibroblasts)
■ 取得特許
1. アスペルギルス属由来の酵素を用いた結晶1-ケストースの製造法及びそれによって得られた結晶1-ケストース(3459264)
2. アントシアニン吸収促進剤(4789453)
3. アントシアニン高含有組成物の安定化剤(WO2001/048091)
4. スコプラリオプシス属由来の酵素を用いた結晶1-ケストースの製造法及びそれによって得られた結晶1-ケストース(3459264)
5. チロシナーゼ活性阻害剤及び顔面血流改善剤(WO2005/042555)
全件表示(16件)
■ 学会発表
1. 2018/12/15 カシスアントシアニンによるアンチエイジングの可能性(脳心血管抗加齢研究会)
2. 2019/03/22 黒生姜アントシアニン画分の抗肥満作用の検討(日本薬学会第139年会)
3. 2019/03/25 カルノシンとキシロースのメイラード反応で形成される低分子黄色色素の同定(日本農芸化学会 2019 大会)
4. 2019/08/31 DSS 誘導炎症性腸疾患モデルマウスに対するフラクトオリゴ糖投与によるIL-10 の増加(日本食品科学工学会第66回大会)
5. 2019/08/31 ラットにおけるPelargonidin-3-glucosideとその代謝物の体内動態(日本食品科学工学会第66会大会)
全件表示(9件)
■ 授業科目
1. 食品化学
2. 栄養科学
3. 機能食品科学
4. 食品開発論 Ⅱ
5. 初年次セミナー
全件表示(19件)
■ 社会における活動
1. 2018/07 延ばそう 健康寿命!! ~シニアに必要な食習慣~
2. 2020/10 「腸内細菌とヨーグルトのお話」 ヨーグルトに含まれる善玉菌の健康機能
3. 2021/02 免疫力を高める食事とは
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/08~2018/07  カシスアントシアニンの神経細胞保護作用に関する研究 企業からの受託研究 
2. 2018/04~2021/03  アントシアニン成分及びその代謝物の血液脳関門透過性の検討とその代謝機構解明 2018年度 基盤研究(C) 
3. 2018/04~2019/03  フラクトオリゴ糖の機能性に関する研究 企業からの受託研究 
4. 2018/04~  機能性食品素材に関する研究 企業からの受託研究 
5. 2018/06~2021/03  大麦ふすまを利用した新規機能性食品開発 市からの受託研究 
全件表示(8件)