(最終更新日:2022-10-06 15:53:51)
  セキ ミネアキ   Mineaki Seki
  関 峰秋
   所属   新潟薬科大学  健康・自立総合研究機構
   職種   准教授
■ 学位
博士(農学)
■ 現在の専門分野
放射線影響, 薬系衛生、生物化学, ウイルス学 (キーワード:DNA修復、DNA複製、ゲノム安定性、RNA、ウイルス学) 
■ 学歴
1. 1988/04~1992/03 東京大学 農学部 農芸化学科 卒業
2. 1992/04~1994/03 東京大学 農学系研究科 農芸化学専攻 修士課程修了
3. 1994/04~1998/03 東京大学大学院 農学系生命科学研究科 応用生命工学専攻 博士課程修了 博士(農学)
■ 職歴
1. 1998/04~2000/03 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 教務職員
2. 2000/04~2001/03 ICRF (現Cancer Research UK) クレアホールラボラトリーズ リサーチアフェロウ
3. 2001/04~2008/05 米国ピッツバーグ大学 薬学部 リサーチアソシエイト
4. 2008/06~2009/03 理化学研究所 免疫アレルギー科学総合研究センター 研究員
5. 2009/04~2014/03 大阪大学大学院 生命機能研究科 助教
全件表示(7件)
■ 所属学会
1. 2010/01~ 日本放射線影響学会
2. 2011/01~ 日本環境変異原学会
3. 2012~2018/12 日本分子生物学会
4. 2015/04~2018/12 日本生化学会
5. 2017/07~ 日本遺伝学会
■ 著書・論文歴
1. 論文  Genes for tRNA recycling are upregulated in response to infection with Theiler's mouse encephalitis virus. Biochemical and biophysical research communications 587,pp.63-68 (共著) 2022/01
2. 論文  Transcription from the proximal promoter of ELAC1, a gene for tRNA repair, is upregulated by interferons. Biochemical and biophysical research communications 585,pp.162-168 (共著) 2021/12
3. 論文  Perturbing the Normal Level of SIDT1 Suppresses the Naked ASO Effect. Journal of nucleic acids 2021,pp.2458470 (共著) 2021/11
4. 論文  A naked antisense oligonucleotide with phosphorothioate linkages is
taken up intracellularly more efficiently but functions less effectively Biochemical and biophysical research communications 573,pp.140-144 (共著) 2021/10
5. 論文  The heptamer sgRNA targeting the human OCT4 mRNA can upregulate the OCT4 expression. Biochemistry and biophysics reports 26,pp.100918 (共著) 2021/07
全件表示(33件)
■ 学会発表
1. 1950/10 鉄代謝の破綻により引き起こされる紫外線DNA損傷の修復、及び、複製異常(放射線影響学会 第56回大会)
2. 2002/10 Cloning of Human DNA polymerase Q.(55th Annual Symposium on Fundamental Cancer Research, Maintenance of Genomic Integrity)
3. 2004/10 POLQ (Pol theta), A DNA polymerase and DNA-dependent ATPase in Human Cells(Environmental Mutagen Society Meeting)
4. 2004/11 HIGH EFFICIENCY BYPASS OF DNA DAMAGE BY HUMAN DNA POLYMERASE Q(DNA Repair and Mutagenesis)
5. 2005/11 POLQ dependent AP site bypass reaction and DNA dependent ATPase activity: Implication from biochemical studies(5th 3R Symposium)
全件表示(22件)
■ 教員審査
1. 2018/02 新潟薬科大学大学院薬学研究科指導資格
2. 2022/09 文部省大学設置・学校法人審議会の教員組織審査において新潟薬科大学医療技術学部臨床検査学科教授「微生物学」「微生物学検査学I」「微生物学検査学II」「微生物学実習」「微生物検査学実習I」「微生物検査学実習II」「遺伝子染色体検査学」「遺伝子染色体検査学実習」「免疫学」「免疫検査学」「免疫検査学実習」「臨床化学検査学II(放射線検査技術学担当)」「卒業研究」の担当資格ありと判定。
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1998/04~1999/03  DNA損傷部位でのバイパスDNA合成による突然変異の発生機構 分子生物学 
2. 2009/10~2009/12  染色体分配におけるゲノム安定性  
3. 2010/04~2012/03  DNA修復因子の新機能−XPDを含む新規複合体のゲノム損傷応答における役割 環境学•放射線科学物質影響学 (キーワード:DNA修復)
4. 2013/04~2014/03  DNA修復の新展開:鉄代謝異常と環境応答、ゲノム安定性  
5. 2014/04~2016/03  DNA修復における鉄の役割と遺伝病への関与:新規複合体CIAXの機能関与 環境学•放射線科学物質影響学 
全件表示(6件)