(最終更新日:2021-10-04 17:43:57)
  クボタ タカヒロ   KUBOTA TAKAHIRO
  久保田 隆廣
   所属   新潟薬科大学  薬学部 薬学科
   職種   教授
■ 所属研究室
生物薬剤学研究室
■ 学位
博士(薬学)
■ 現在の専門分野
医療薬学, 皮膚科学 (キーワード:薬物動態学、薬理遺伝学、皮膚科学) 
■ 所属学会
1. 2013/04~ 日本薬物動態学会
2. 2013/04~ ∟ 評議員
■ 著書・論文歴
1. 著書  ケースアナリシス薬物速度論 ケースアナリシス薬物速度論 1-105頁 (共著) 2020/09
2. 著書  バリア機能への影響 皮膚の安全性・有用性評価法 264-270頁 (共著) 2018/04
3. 論文  Strategic detection of multiple genetic alterations influencing thiopurine drug metabolism using mismatch primers with allele-specific PCR assays. J Appl Biopharm Pharmacokinet 8,pp.25-30 (共著) 2020/12
4. 論文  FADS2 and ELOVL6 mutation frequencies in Japanese Crohn's disease patients. Drug Discov Ther, 13(6),pp.354-359 (共著) 2019/12
5. 論文  Usefulness of barrier function index based on water content and transepidermal water loss for evaluating efficacy of skin protective creams. Health Prim Car 3,pp.1-4 (共著) 2019/06
全件表示(15件)
■ 受賞学術賞
1. 2017/06 日本医療薬学会 日本医療薬学会 第 1 回フレッシャーズ・カンファレンス優秀賞 (冷所保存が必要な混合外用薬のアドヒアランス調査と代替薬の検討)
■ 学会発表
1. 2013/03/01 皮膚保護クリーム「プロテクトX2」塗布による手背の水分含有状態およびバリア機能の効能評価(第28回日本環境感染学会総会)
2. 2013/11/30 Neem tree 抽出液(3% Azadirachtin 含有)のヒトスジシマカに対する忌避効果評価(第16回日本補完代替医療学会学術集会)
3. 2013/12/05 日本人健常人におけるスルホトランスフェラーゼ 1A1 コピー数多型の出現頻度とその代謝活性に及ぼす影響(第34回日本臨床薬理学会学術総会)
4. 2015/11 Utility of Fatty Acid Profile of Erythrocyte Membrane in Identifying Diagnostic Markers of Crohn's Disease.(The American Journal of GASTROENTEROLOGY)
5. 2015/11 国産カンゾウのグラブリジン含量(第18回日本補完代替医療学会学術集会)
全件表示(22件)
■ 社会における活動
1. 2018/07~2018/12 経口保水液 「うるか」
2. 2018/09~2018/10 臨床特定研修
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2012/04~2015/03  Δ6デサチュラーゼ遺伝的多型がクローン病患者におけるリノール酸代謝に及ぼす影響 基盤研究(C) (キーワード:delta 6 desaturase, IBD, Crohn’s disease, n-3 PUFA, n-6 PUFA.)
2. 2014/01~2014/03  甘草使用食品成分分析およびシステマティックレビュー その他の補助金・助成金 
3. 2015/10~2016/05  甘草含有グラブリジン定量およびその抽出産物調製 企業からの受託研究