(最終更新日:2024-07-08 15:46:15)
  シロタ タツロウ   SHIROTA TATSURO
  城田 起郎
   所属   新潟薬科大学  薬学部 薬学科
   職種   助教
■ 所属研究室
薬品物理化学研究室
■ 学位
博士(理学)
■ 現在の専門分野
基礎物理化学, 薬系分析、物理化学 (キーワード:マトリックス支援レーザー脱離イオン化、真空紫外光、フェムト秒レーザー、質量分析、アミノ酸) 
■ 学歴
1. 2003/04~2007/03 新潟薬科大学 薬学部 薬学科 卒業 学士(薬学)
2. 2007/04~2009/03 新潟薬科大学 薬学研究科 修士課程修了 修士(薬学)
3. 2013/04~2017/03 新潟大学 自然科学研究科 博士課程修了 博士(理学)
■ 職歴
1. 2009/04~2012/03 鹿児島県 北薩地域振興局 保健福祉環境部 衛生・環境課 薬務技師
2. 2012/04~2013/03 鹿児島県 保健福祉部 薬務課 薬務技師
3. 2013/04~2022/03 新潟薬科大学 薬学部 薬学科 助手
4. 2022/04~ 新潟薬科大学 薬学部 薬学科 助教
■ 所属学会
1. 2014~ 日本薬学会
2. 2015~ 日本化学会
3. 2014~ 分子科学会
4. 2014~ 日本質量分析学会
5. 2020~ 米国質量分析学会
全件表示(8件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  Ionization detection of neutral 2,5-dihydroxy benzoic acid molecules in the matrix-assisted laser desorption/ionization plume by ultraviolet laser post-ionization: Correlation between internal energy distribution and thermal decomposition rate International Journal of Mass Spectrometry 490,pp.117086 (共著) 2023/05
2. 論文  Two-Body Metastable Dissociation of n-Pentane and n-Hexane Triplet Dications in Intense Femtosecond-Laser Fields The Journal of Physical Chemistry A 125(43),pp.9508-9517 (共著) 2021/10
3. 論文  Spatiotemporal Distribution Of Neutral Matrix Molecules With High Internal Energy In The MALDI Plume Probed By VUV Laser Ionization ASMS 2020 Reboot  (共著) 2020/06
4. 論文  Discrimination Of Position Isomers Of Benzene Derivatives Based On TOF Mass Spectra Derived Using Femtosecond Laser Ionization ASMS 2020 Reboot  (共著) 2020/06
5. 論文  Generation and Propagation of MALDI Ion Packets Probed by Sheet-Like Nanosecond UV Laser Light Mass Spectrom (Tokyo) 7(1),pp.A0071 (共著) 2018/12
全件表示(7件)
■ ホームページ
   https://bukkabu.com/bukka/index.html
■ 受賞学術賞
1. 2019/05 日本質量分析学会 2019年度 日本質量分析学会 論文賞 (Generation and propagation of MALDI ion packets probed by sheet-like nanosecond UV laser light) Link
2. 2017/05 日本質量分析学会 第65回質量分析総合討論会 ベストプレゼンテーション賞 口頭発表部門・最優秀賞 (近赤外フェムト秒レーザーイオン化によるMALDIプルーム組成の解明および「準熱平衡モデル」に基づく数値シミュレーション) Link
■ 科研費研究者番号
20714900
■ 学会発表
1. 2023/05 MALDI法における凝縮相中プロトン移動反応モデルの検討(第71回質量分析総合討論会)
2. 2023/03 フェムト秒レーザーによる金属アブレーションに伴う水素分子イオンの生成(日本化学会 第103春季年会)
3. 2023/03 MALDI法における定量性に関する研究: アミノ酸を用いた新たな熱平衡モデルの提案(日本化学会 第103春季年会)
4. 2022/09 MALDI結晶のレーザー過加熱と相爆発の検証:レーザーポストイオン化によるアプローチ(第16回分子科学討論会)
5. 2022/09 フェムト秒レーザー照射によるステンレス表面からの水素分子イオン生成(第16回分子科学討論会)
全件表示(31件)
■ researchmap研究者コード
B000241516
■ 資格・免許
1. 2007/04 薬剤師免許
■ 社会における活動
1. 2024/07 出張講義 (新潟第一高等学校:薬物乱用防止教室)
2. 2024/07 出張講義 (新潟県立村上桜ケ丘高等学校:薬物乱用防止教室)
3. 2024/06 出張講義 (新潟県立村上特別支援学校:薬物乱用防止教室)
4. 2024/06 研修会 (新潟県新発田保健所:令和6年度薬物乱用防止担当者地区研修会)、 演題:「若年層への薬物乱用防止啓発を効果的に行うために ~お薦めの啓発方針と必要な情報提供~」
5. 2024/06 メディア報道 (2024年6月25日付 読売新聞 朝刊 新潟県版) 、「大麻汚染 20代で深刻」
全件表示(63件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/04~2024/03  マトリックスクラスターの脱溶媒和促進によるMALDI検出感度向上に関する研究 若手研究  Link
2. 2018/04~2020/03  真空紫外レーザー1光子ソフトイオン化によるMALDI検出感度向上に関する研究 若手研究  Link
3. 2014/04~2017/03  放電ジェット中で成長する不安定分子種の短パルスレーザーイオン化検出と分光研究 基盤研究(C) 
■ 担当経験のある科目
1. 物理化学演習(新潟薬科大学)
2. 基礎科学実習Ⅱ(分析化学系)(新潟薬科大学)
3. 基礎科学実習Ⅳ(物理化学系)(新潟薬科大学)
4. 電磁波・放射線と物質の相互作用(新潟薬科大学)
5. 物質の変化と反応速度(新潟薬科大学)
全件表示(17件)