(最終更新日:2020-03-05 21:17:44)
  サカマキ トシユキ   SAKAMAKI TOSHIYUKI
  酒巻 利行
   所属   新潟薬科大学  薬学部 薬学科
   職種   教授
■ 所属研究室
公衆衛生学研究室
■ 学位
博士(薬学)
■ 現在の専門分野
細胞増殖とエネルギー代謝の関連性、細胞の増殖とがん化におけるシグナル伝達 (キーワード:細胞周期、解糖、脂肪酸合成、がん遺伝子、遺伝子導入、ホルモン) 
■ 学歴
1. ~1998/03 東京大学 薬学系研究科 機能薬学 博士課程修了 博士(薬学)
2. ~1992/03 東京大学 卒業
■ 職歴
1. 1998/04~1998/05 東京大学 大学院薬学系研究科生体異物学研究室  派遣研究員
2. 1998/06~2000/06 米国ペンシルバニア州立大学 Postdoctoral fellow
3. 2000/07~2002/08 米国アルバートアインシュタイン大学 Postdoctoral fellow
4. 2002/09~2006/03 ジョージアタウン大学 Instructor
5. 2006/04~ 新潟薬科大学 薬学部 助教授・准教授
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. アメリカ癌学会
2. 日本薬学会
■ 著書・論文歴
1. 著書  薬学生のための基礎シリーズ6 基礎生命科学  161-172頁 (共著) 2014/02
2. 著書  コンパス衛生薬学-健康と環境  247-265頁 (共著) 2011/04
3. 著書  食品衛生学-「食の安全」の科学(改訂第2版)  145-159頁 (共著) 2011/04
4. 論文  MicroRNA-205-5p inhibits three-dimensional spheroid proliferation of ErbB2-overexpressing breast epithelial cells through direct targeting of CLCN3. PeerJ. 7,pp.e7799 (共著) 2019/10
5. 論文  ErbB2 signaling epigenetically suppresses microRNA-205 transcription via Ras/Raf/MEK/ERK pathway in breast cancer. FEBS Open Bio. 7(8),pp.1154-1165 (共著) 2017/07
全件表示(23件)
■ 受賞学術賞
1. 2004 ジョージタウン大学 特別研究奨励賞
2. 2019 Marquis Publications 2019 Lifetime Achievement Award
■ 学会発表
1. 2002/03/07 IKKα activates Ycf signaling and cyclin D1 through an interaction with and phosphorylation of β-catenin(Keystone Symposia, Wnt and β-catenin Signaling in Development and Disease)
2. 2005/04/19 ErbB2 activation of Notch1 signaling in breast cancer(96th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research)
3. 2005/07/11 ErbB2 Activation of Notch1 Signaling in Breast Cancer(13th SPORE Investigators' Workshop)
4. 2007/10/13 乳癌におけるサイクリンD1の機能解析(第48回新潟生化学懇話会)
5. 2009/02/07 新潟薬科大学における実務実習事前学習および大学と実習施設間の連携(薬学教育協議会フォーラム2010)
全件表示(22件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2007/04~2009/03  乳癌におけるサイクリンD1によるヘキソキナーゼ2制御機構の解析 基盤研究(C) 
2. 2009/04~2012/03  乳癌幹細胞におけるサイクリンD1の役割の解析 基盤研究(C)