(最終更新日:2021-02-17 17:46:48)
  モトイ ユウタロウ   Motoi Yutaro
  元井 優太朗
   所属   新潟薬科大学  薬学部 薬学科
   職種   助教
■ 所属研究室
生物薬剤学研究室
■ 学位
博士(薬学)
■ 現在の専門分野
キーワード:薬物動態学 
■ 学歴
1. 2011/04~2017/03 新潟薬科大学 薬学部 卒業
2. 2017/04~2020/03 新潟薬科大学大学院 薬学研究科 博士課程修了
■ 職歴
1. 2020/10~ 新潟薬科大学 薬学部 薬学科 助教
■ 所属学会
1. 2017~ 日本薬学教育学会
2. 2017~ 日本薬物動態学会
■ 著書・論文歴
1. 論文  Digital PCR for determination of cytochrome P450 2D6 and sulfotransferase 1A1 gene copy number variations. (共著) 2017
2. 論文  Neutropenia related to an azathioprine metabolic disorder induced by an inosine triphosphate pyrophosphohydrolase (ITPA) gene mutation in a patient with PR3-ANCA-positive microscopic polyangiitis
. (共著) 2018/11
3. 論文  Association of Azathioprine Metabolite Levels and Adverse Reactions in Japanese Patients with Inflammatory Bowel Disease. (共著) 2018
4. 論文  FADS2 and ELOVL6 mutation frequencies in Japanese Crohn's disease patients. (共著) 2019
5. 論文  Strategic Detection of Multiple Genetic Alterations Influencing Thiopurine Drug Metabolism using Mismatch Primers with Allele- Specific PCR Assays (共著) 2020/12
■ 学会発表
1. 2017/10/28 ITPA遺伝子変異によるアザチオプリン代謝異常から好中球減少を呈したPR3-ANCA陽性顕微鏡的多発血管炎の1例(第47回日本腎臓学会東部学術大会)
2. 2017/11/30 Digital PCRを活用したCytochrome P450 2D6およびSulfotransferase 1A1コピー数多型解析法の確立(日本薬物動態学会 第32回年会 東京)
3. 2017/12/09 日本人健常人におけるNudix-Type Motif 15 (NUDT15) R139C変異遺伝子の出現頻度(第38回日本臨床薬理学会学術総会)
4. 2018/09/18 Association of Azathioprine Metabolite Levels and Adverse Reactions in Japanese Patients with Inflammatory Bowel Disease(IATDMCT 2018)
5. 2019/08/24 学生間相互評価における尺度基準やルーブリック導入による取組み姿勢の変化(第4回日本薬学教育学会大会)
全件表示(8件)