(最終更新日:2019-02-15 22:32:37)
  マエダ マサトモ
  前田 正知
   所属   新潟薬科大学  薬学部 薬学科
   職種   教授
■ 所属研究室
遺伝子治療学
■ 学位
薬学博士
■ 現在の専門分野
ゲノム生物学, ゲノム医科学, システムゲノム科学, 機能生物化学, 分子生物学, 生物系薬学, 病態検査学 (キーワード:生化学、分子生物学、遺伝子発現調節、バイオインフォマティクス、遺伝子診断) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  Amino-terminal extension of 146 residues of L-type GATA-6 is required for transcriptional activation but not for self-association. (共著) 2014
2. 論文  cAMP-dependent proteolysis of GATA-6 is linked to JNK-signaling pathway. (共著) 2012
3. 論文  Functional dissection of transmembrane domains of human TAP-like (ABCB9). (共著) 2008
4. 論文  A unique role of amino terminal 16-residue region of long-type GATA-6. (共著) 2004
5. 論文  A half type ABC transporter TAPL is highly conserved between rodent and man, and the human gene is not responsive to interferon-γ in contrast to TAP1 and TAP2. (共著) 2000
全件表示(127件)
■ 受賞学術賞
1. 1990/09 日本生化学会奨励賞
2. 1995/03 日本薬学会奨励賞
3. 1995/10 日本生化学会欧文誌(JB)論文賞
■ researchmap研究者コード
1000030960