(最終更新日:2019-02-07 15:59:26)
  アオキ サダオ   Sadao Aoki
  青木 定夫
   所属   新潟薬科大学  薬学部 薬学科
   職種   教授
■ 所属研究室
病態生理学研究室
■ 学位
医学博士
■ 現在の専門分野
キーワード:悪性リンパ腫、慢性リンパ性白血病 
■ 所属学会
1. 1982/05~ 日本血液学会
2. 1994/05~ ∟ 評議員
3. 1993/05~ 日本リンパ網内系学会学会
4. 1995/05~ ∟ 評議員
5. 2009/04~2011/03 ∟ プログラム委員
全件表示(9件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  慢性リンパ性白血病および類縁疾患 (共著) 2018/02
2. 著書  慢性リンパ性白血病 (共著) 2017/03
3. 著書  初発CLLの治療 (共著) 2016/10
4. 論文  An extranodal histopathological analysis of idiopathic multicentric Castleman disease with and without TAFRO syndrome. (共著) 2018/12
5. 論文  Identification of the BRAF V600E mutation in Japanese patients with hairy cell leukemia and related diseases using a quenching probe method. (共著) 2018/10
全件表示(41件)
■ 学会発表
1. 2019/02/09 CD4,TAFRO,IgG4-RD,POEMS合同検討会議報告(平成30年度厚生労働省科学研究難治性疾患等政策研究事業領域別研究キャッスルマン病TAFRO症候群研究班会議)
2. 2018/10/13 Seeking optimal treatment for TAFRO syndrome: A retrospective study from a multicenter registry(第78回日本血液学会学術集会)
3. 2018/10/03 新潟薬科大学における学生相談ルームの取り組みと利用状況の変化について(第56回全国大学保健管理研究集会)
4. 2018/06/30 TAFRO症候群を伴う/伴わない特発性多中心性Castleman病の節性病変の臨床病理学的な比較とその節外性病変の検討(第58回日本リンパ網内系学会)
5. 2018/06/09 CD,TAFRO,IgG4-RD,POEMS類縁疾患について(平成30年度厚生労働省科学研究難治性疾患等政策研究事業領域別研究キャッスルマン病TAFRO症候群研究班会議)
全件表示(15件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2018/03/30~ わかりやすい疾患と処方薬の解説:病態・薬物治療編
■ 資格・免許
1. 1981/05/28 医師免許証
■ 社会における活動
1. 2018/09~2018/09 キャッスルマン病
2. 2018/10~2018/10 慢性リンパ性白血病・CLLを学ぼう CLLの新規治療薬
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~  非癌、慢性炎症性リンパ節・骨髄異常を示すキャッスルマン病、TAFRO症候群その類縁疾患の診断基準、重症度分類の改正、診断・治療のガイドラインの策定に関する調査研究 キャッスルマン病、TAFRO症候群その類縁疾患に関する調査研究 
2. 2016/04~  CLL希少地域である日本からの挑戦~確実な鑑別診断法の確立と分子病態の解明~ CLL希少地域である日本からの挑戦~確実な鑑別診断法の確立と分子病態の解明~ 
3. 2018/04~  関節リウマチにおける免疫能の検討 国内共同研究 
4. 2010/10~  慢性リンパ性白血病および類縁疾患に関する研究 国内共同研究 
5. 2010/10~  慢性リンパ性白血病の欧米と日本の比較研究 国際共同研究 
■ 講師・講演
1. 2018/09 キャッスルマン病
2. 2018/10 慢性リンパ性白血病・CLLを学ぼう CLLの新規治療薬