(最終更新日:2019-02-18 12:37:10)
  サカマキ トシユキ   SAKAMAKI TOSHIYUKI
  酒巻 利行
   所属   新潟薬科大学  薬学部 薬学科
   職種   教授
■ 所属研究室
公衆衛生学研究室
■ 学位
博士(薬学)
■ 現在の専門分野
細胞増殖とエネルギー代謝の関連性、細胞の増殖とがん化におけるシグナル伝達 (キーワード:細胞周期、解糖、脂肪酸合成、がん遺伝子、遺伝子導入、ホルモン) 
■ 学歴
1. ~1998/03 東京大学 薬学系研究科 機能薬学 博士課程修了 博士(薬学)
2. ~1992/03 東京大学 卒業
■ 職歴
1. 1998/04~1998/05 東京大学 大学院薬学系研究科生体異物学研究室  派遣研究員
2. 1998/06~2000/06 米国ペンシルバニア州立大学 Postdoctoral fellow
3. 2000/07~2002/08 米国アルバートアインシュタイン大学 Postdoctoral fellow
4. 2002/09~2006/03 ジョージアタウン大学 Instructor
5. 2006/04~ 新潟薬科大学 薬学部 助教授・准教授
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. アメリカ癌学会
2. 日本薬学会
■ 著書・論文歴
1. 論文  ErbB2 signaling epigenetically suppresses microRNA-205 transcription via Ras/Raf/MEK/ERK pathway in breast cancer. (共著) 2017/07
2. 論文  Squalene Inhibits ATM-Dependent Signaling in γIR-Induced DNA Damage Response through Induction of Wip1 Phosphatase. (共著) 2016
3. 論文  The Canonical NF-κB Pathway Governs Mammary Tumorigenesis in Transgenic Mice and Tumor Stem Cell Expansion. (共著) 2010/12
4. 論文  Nuclear factor-kappaB enhances ErbB2-induced mammary tumorigenesis and neoangiogenesis in vivo. (共著) 2009/05
5. 論文  ErbB2 Induces Notch1 Activity and Function in Breast Cancer Cells. (共著) 2008/09
全件表示(17件)
■ 受賞学術賞
1. 2004 ジョージタウン大学 特別研究奨励賞
■ 学会発表
1. 2002/03/07 IKKα activates Ycf signaling and cyclin D1 through an interaction with and phosphorylation of β-catenin(Keystone Symposia, Wnt and β-catenin Signaling in Development and Disease)
2. 2005/04/19 ErbB2 activation of Notch1 signaling in breast cancer(96th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research)
3. 2005/07/11 ErbB2 Activation of Notch1 Signaling in Breast Cancer(13th SPORE Investigators' Workshop)
4. 2016/03 ErbB2を過剰発現させた乳腺上皮細胞におけるmiRNA-205ターゲットの探索(日本薬学会第136年会)
5. 2016/03 乳腺上皮細胞におけるmiRNA-205の発現はERK/MAPKシグナルを介したDNAのメチル化により制御されている(日本薬学会第136年会)
全件表示(9件)