(最終更新日:2021-04-07 16:29:04)
  アンドウ マサユキ   ANDO Masayuki
  安藤 昌幸
   所属   新潟薬科大学  薬学部 薬学科
   職種   教授
■ 所属研究室
薬学教育センター
■ 学位
博士(薬学)
■ 現在の専門分野
薬系分析、物理化学, 学習支援システム (キーワード:生体内化合物の高感度分析、分離分析法、質量分析法) 
■ 学歴
1. 1984/04~1988/03 東北大学 卒業 学士(薬学)
2. 1988/04~1990/03 東北大学 修士課程修了 修士(薬学)
3.
(学位取得)
東北大学 博士(薬学)
■ 職歴
1. 2001/04~2006/03 新潟薬科大学 薬学部 薬学科 助手
2. 2006/04~2007/03 新潟薬科大学 薬学部 薬学科 講師
3. 2007/04~2021/03 新潟薬科大学 薬学部 薬学科 准教授
■ 所属学会
1. 日本トキシコロジー学会
2. 日本化学会
3. 日本質量分析学会
4. 日本生化学会
5. 日本分析化学会
全件表示(6件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  Purification and Characterization of alpha-N-Acetylgalactosaminidases I and II from Starfish, Asterina amurensis Biosci. Biotechnol. Biochem.  (共著) 2010
2. 論文  Photoaffinity Labeling of Sialidase with a Biotin-Conjugated Phenylaminodiazirine Derivative of 2,3-Didehydro-2-Deoxy-N-Acetylneuraminic Acid  31(3),pp.352 (共著) 2008/03
3. 論文  Identification and characterization of cathepsin D in a highly purified sialidase from starfish A.pectinifera  143,pp.117 (共著) 2008/02
4. 論文  High sensitive analysis of rat serum bile acids by liquid chromatography/electrospray ionization tandem mass spectrometry  pp.1179-1186 (共著) 2006/03
5. 論文  Ionization of unconjugated, glycine- and taurine-conjugated bile acids by electrospray ionization mass spectrometry  pp.1231-1234 (共著) 2006/03
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. 2010/03 Ascochlorin is an unsual inhibitor of the cytochrome bc1 complex(9th International Mycological Congress: The Biology of Fungi)
2. 2017/03/27 双方向型社会連携教育ISCE の試み:薬学教育を支える参加住民の意識調査(日本薬学会第137年会)
3. 2018/03/28 双方向型社会連携教育ISCE を通して見えてきた『かかりつけ薬剤師』の認知度(日本薬学会第138年会)
4. 2019/03/23 双方向型社会連携教育 ISCE を通して見えてきた『かかりつけ薬剤師』の認知度の変遷(日本薬学会第139年会)
5. 2020/03/27 双方向型社会連携教育ISCEに参加した住民に対する『かかりつけ薬剤師』の認知度の変遷(日本薬学会第140年会)
全件表示(6件)
■ 資格・免許
1. 1995/07/28 薬剤師
2. 2001/02/20 第1種放射線取扱主任者
3. 2006/06/15 環境計量士(濃度関係)
4. 2014/11/28 第一種作業環境測定士(放射性物質)