(最終更新日:2020-01-15 08:41:01)
  クボタ タカヒロ   KUBOTA TAKAHIRO
  久保田 隆廣
   所属   新潟薬科大学  薬学部 薬学科
   職種   教授
■ 所属研究室
生物薬剤学研究室
■ 学位
博士(薬学)
■ 所属学会
1. 2013/04~ 日本薬物動態学会
2. 2013/04~ ∟ 評議員
■ 著書・論文歴
1. 著書  バリア機能への影響 (共著) 2018/04
2. 論文  FADS2 and ELOVL6 mutation frequencies in Japanese Crohn's disease patients. (共著) 2019/12
3. 論文  Usefulness of barrier function index based on water content and transepidermal water loss for evaluating efficacy of skin protective creams. (共著) 2019/06
4. 論文  ザーネ軟膏®とステロイド外用剤の配合変化 (共著) 2019/02
5. 論文  Association of Azathioprine Metabolite Levels and Adverse Reactions in Japanese Patients with Inflammatory Bowel Disease. (共著) 2018/12
全件表示(13件)
■ 受賞学術賞
1. 2017/06 日本医療薬学会 第 1 回フレッシャーズ・カンファレンス優秀賞
■ 学会発表
1. 2019/12/05 NUDT15および ITPA c94a 遺伝的多型の複合解析おける特異度と感度の比較(第40回 日本臨床薬理学会学術総会)
2. 2019/10/20 冷所保存が必要な皮膚外用薬のアドヒアランス調査とその対応策(第13回日本薬局学会学術総会)
3. 2019/08/24 学生間相互評価における尺度基準やルーブリック導入による取組み姿勢の変化(第4回 日本薬学教育学会大会)
4. 2018/09/23 小児患者における外用薬の使用状況調査およびお薬達成カードの導入によるアドヒアランス向上(第51回日本薬剤師会学術大会)
5. 2018/09/18 Association of Azathioprine Metabolite Levels and Adverse Reactions in Japanese Patients with Inflammatory Bowel Disease.(IATDMCT)
全件表示(19件)
■ 社会における活動
1. 2018/07~2018/12 経口保水液 「うるか」
2. 2018/09~2018/10 臨床特定研修
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2012/04~2015/03  Δ6デサチュラーゼ遺伝的多型がクローン病患者におけるリノール酸代謝に及ぼす影響 基盤研究(C) (キーワード:delta 6 desaturase, IBD, Crohn’s disease, n-3 PUFA, n-6 PUFA.)
2. 2014/01~2014/03  甘草使用食品成分分析およびシステマティックレビュー その他の補助金・助成金 
3. 2015/10~2016/05  甘草含有グラブリジン定量およびその抽出産物調製 企業からの受託研究