(最終更新日:2019-01-07 13:47:23)
  クボタ タカヒロ   KUBOTA TAKAHIRO
  久保田 隆廣
   所属   新潟薬科大学  薬学部 薬学科
   職種   教授
■ 所属研究室
生物薬剤学研究室
■ 学位
博士(薬学)
■ 所属学会
1. 2013/04~ 日本薬物動態学会
2. 2013/04~ ∟ 評議員
■ 著書・論文歴
1. 著書  バリア機能への影響 (共著) 2018/04
2. 論文  Association of Azathioprine Metabolite Levels and Adverse Reactions in Japanese Patients with Inflammatory Bowel Disease. (共著) 2018/12
3. 論文  大葉収穫時の手荒れに対するスキンバリアクリームの予防効果 (共著) 2018/12
4. 論文  Neutropenia related to an azathioprine metabolic disorder induced by an inosine triphosphatase pyrophosphohydrolase (ITPA) gene mutation in a patient with PR3-ANCA positive microscopic polyangiitis. (共著) 2018/07
5. 論文  Digital PCR for Determination of Cytochrome P450 2D6 and Sulfotransferase 1A1 Gene Copy Number Variations. (共著) 2017/12
全件表示(10件)
■ 受賞学術賞
1. 2017/06 日本医療薬学会 第 1 回フレッシャーズ・カンファレンス優秀賞
■ 学会発表
1. 2018/09/23 小児患者における外用薬の使用状況調査およびお薬達成カードの導入によるアドヒアランス向上(第51回日本薬剤師会学術大会)
2. 2018/09/18 Association of Azathioprine Metabolite Levels and Adverse Reactions in Japanese Patients with Inflammatory Bowel Disease.(IATDMCT)
3. 2018/09 ルーブリック評価表を活用したアドバンスト OSCE の実施とその課題(日本薬学教育学会大会)
4. 2017/12 日本人健常人における Nudix-Type Motif 15 (NUDT15) R139C 変異遺伝子の出現頻度(第 38 回日本臨床薬理学会学術総会)
5. 2017/11 Digital PCR を活用した Cytochrome P450 2D6 および Sulfotransferase 1A1 コピー数多型解析法の確立(第 32 回日本薬物動態学会年会)
全件表示(16件)
■ 社会における活動
1. 2018/07~2018/12 経口保水液 「うるか」
2. 2018/09~2018/10 臨床特定研修
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2012/04~2015/03  Δ6デサチュラーゼ遺伝的多型がクローン病患者におけるリノール酸代謝に及ぼす影響 基盤研究(C) (キーワード:delta 6 desaturase, IBD, Crohn’s disease, n-3 PUFA, n-6 PUFA.)
2. 2014/01~2014/03  甘草使用食品成分分析およびシステマティックレビュー その他の補助金・助成金 
3. 2015/10~2016/05  甘草含有グラブリジン定量およびその抽出産物調製 企業からの受託研究