(最終更新日:2021-02-21 20:26:38)
  ナシモト マサユキ
  梨本 正之
   所属   新潟薬科大学  健康・自立総合研究機構
   職種   教授
■ 所属研究室
機能性核酸分子治療学
■ 学位
医学博士
■ 現在の専門分野
細胞生物学, 分子生物学, 薬系化学、創薬科学, 腫瘍診断、治療学, 進化生物学, 血液、腫瘍内科学, ウイルス学, 医化学 (キーワード:RNA治療学、核酸医薬、遺伝子発現制御、TRUE gene silencing、sgRNA、tRNase Z、多発性骨髄腫、造血器腫瘍、腫瘍微小環境、マクロファージ、SARS-CoV-2、COVID-19、5'-half-tRNA、31/32-nt Y4-RNA断片、バイオマーカー) 
■ 学歴
1. 1979/04~1984/03 東京理科大学 理工学部 応用生物科学科 卒業
2. 1984/04~1986/03 東京理科大学 応用生物科学専攻 修士課程修了 理工学
3. 1986/04~1990/03 新潟大学 医学研究科 生化学専攻 博士課程修了 医学
■ 職歴
1. 1987/04~1989/03 佐渡厚生病院附属佐渡看護学校 非常勤講師
2. 1990/04~1993/02 北海道大学 医学部第一生化学講座 助手
3. 1991/04~1993/03 王子総合病院附属看護学校 非常勤講師
4. 1993/03~1996/02 JT生命科学研究所 研究員
5. 1995/04~1996/03 千葉大学 大学院薬学研究科 非常勤講師
全件表示(12件)
■ 所属学会
1. Oligonucleotide Therapeutics Society
2. 日本生化学会
3. 日本癌学会
4. 日本分子生物学会
5. RNA Society
全件表示(8件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  カラー生化学 第4版 (共著) 2015/03
2. 著書  カラー生化学 第3版 (共著) 2003/05
3. 論文  Heptamer-type small guide RNA that can shift macrophages toward the M1 state (共著) 2021/02
4. 論文  The heptamer sgRNA targeting the human OCT4 mRNA can upregulate the OCT4 expression (共著) 2021/02
5. 論文  RNA-hydrolyzing activity of metallo-β-lactamase IMP-1 (共著) 2020/10
全件表示(75件)
■ ホームページ
   http://www2.nupals.ac.jp/kenkoujiritsu/?_ga=2.254999887.693138533.1608213791-1459970760.1595247899
■ 受賞学術賞
1. 1997/10 Young Investigator Participation Award (Symposium on RNA Biology II: Tool and Target)
■ 取得特許
1. 2017/04/11 HEPTAMER-TYPE SMALL GUIDE NUCEIC ACIDS INDUCING APOPTOSIS OF HUMAN LEUKEMIA CELLS(US 9,617,538 B2)
2. 2016/09/02 ヒト白血病細胞のアポトーシスを誘導するヘプタマー型スモールガイド核酸(特許第5995849号)
3. 2016/07/01 ヒト血液がん細胞のアポトーシスを誘導するヘプタマー型スモールガイド核酸(特許第5959522号)
4. 2005/03/25 RNA切断方法並びにそれに用いられるリボヌクレア-ゼ(特許第3660718号)
■ 科研費研究者番号
30228069
■ 学会発表
1. 1993/06 Transfer RNA lacking its 3′ terminus is required for a novel spermidine-dependent sequence-specific endoribonuclease (RNase 65) activity in mouse FM3A cell extracts(The 15th tRNA Workshop)
2. 1997/10 Specific cleavage of a target RNA from HIV-1 by mammalian tRNA 3′ processing endoribonuclease directed by an RNA heptamer(Symposium on RNA Biology II: Tool and Target)
3. 2000/07 化学修飾RNAヘプタマーにガイドされた3′ tRNaseによるRNAの特異的切断(第2回日本RNA学会年会)
4. 2000/09 Specific RNA cleavage by tRNA 3′ processing endoribonuclease under the direction of chemically modified RNA heptamers(Gene Therapy)
5. 2001/08 タンパク質からRNAへ –逆翻訳系構築の試み–(第3回日本RNA学会年会)
全件表示(57件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1992/04~1993/03  tRNAを含むエンドリボヌクレアーゼ(リボヌクレアーゼ65)の構造と機能 科研費(奨励研究A) 
2. 1998~1999  Targeted mRNA cleavage by 3′ tRNase and small guide RNA 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 1999/12~2002/03  リボソーム工学 競争的資金等の外部資金による研究 
4. 2003/04~2004/03  色時計植物の開発 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2004/04~2006/03  sgRNAによる遺伝子発現抑制法の開発 競争的資金等の外部資金による研究 
全件表示(37件)