(最終更新日:2019-02-10 17:25:06)
  セキ ミネアキ
  関 峰秋
   所属   新潟薬科大学  健康・自立総合研究機構
   職種   准教授
■ 学位
博士(農学)
■ 現在の専門分野
キーワード:自然免疫、 マクロファージ、DNA修復、 ゲノム安定性 
■ 学歴
1. 1988/04~1992/03 東京大学 農学部 農芸化学科 卒業
2. 1992/04~1994/03 東京大学 農学系研究科 農芸化学専攻 修士課程修了
3. 1994/04~1998/03 東京大学大学院 農学系生命科学研究科 応用生命工学専攻 博士課程修了 博士(農学)
■ 職歴
1. 1998/04~2000/03 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 教務職員
2. 2000/04~2001/03 ICRF (現Cancer Research UK) クレアホールラボラトリーズ リサーチアフェロウ
3. 2001/04~2008/05 米国ピッツバーグ大学 薬学部 リサーチアソシエイト
4. 2008/06~2009/03 理化学研究所 免疫アレルギー科学総合研究センター 研究員
5. 2009/04~2014/03 大阪大学大学院 生命機能研究科 助教
全件表示(7件)
■ 所属学会
1. 2010/01~ 日本放射線影響学会
2. 2011/01~ 日本環境変異原学会
3. 2012~ 日本分子生物学会
4. 2015/04~2018/12 日本生化学会
■ 著書・論文歴
1. 論文  Mcrobicidal Effects of Stored Aqueous Ozone Solution Generated by Nano-bubble Technology. (共著) 2017/08
2. 論文  The Y4-RNA fragment, a potential diagnostic marker, exist in saliva (共著) 2017/06
3. 論文  The discovery of DNA polymerase theta (POLQ) and its essential roles in alternative end-joining pathway. (単著) 2017
4. 論文  TRUE Gene Silencing: Screening of a Heptamer-type Small Guide RNA Library for Potential Cancer Therapeutic Agents. (共著) 2016/06
5. 論文  IOP1 Protein is an external component of the human cytosolic iron-sulfur cluster assembly(CIA) machinery and functions in the MMS19 protein-dependent CIA pathway. (共著) 2013
全件表示(21件)
■ 科研費研究者番号
40304167
■ 学会発表
1. 2002/10 Cloning of Human DNA polymerase Q.(55th Annual Symposium on Fundamental Cancer Research, Maintenance of Genomic Integrity)
2. 2004/11 HIGH EFFICIENCY BYPASS OF DNA DAMAGE BY HUMAN DNA POLYMERASE Q.(DNA Repair and Mutagenesis)
3. 2005/11 POLQ dependent AP site bypass reaction and DNA dependent ATPase activity: Implication from biochemical studies(5th 3R Symposium)
4. 2006/06 Mechanisms of translesion DNA Synthesis by human POLQ(10th Annual DNA Replication and Repair Symposium)
5. 2007/10 DNA Polymerase theta (POLQ) can extend from mismatches and from bases opposite a (6-4) photoproduct.(Environmental Mutagen Society Meeting)
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1998/04~1999/03  DNA損傷部位でのバイパスDNA合成による突然変異の発生機構 分子生物学 
2. 2009/10~2009/12  染色体分配におけるゲノム安定性 機関内共同研究 
3. 2010/04~2012/03  DNA修復因子の新機能−XPDを含む新規複合体のゲノム損傷応答における役割 環境学•放射線科学物質影響学 (キーワード:DNA修復)
4. 2013/04~2014/03  DNA修復の新展開:鉄代謝異常と環境応答、ゲノム安定性 その他の補助金・助成金 
5. 2014/04~2016/03  DNA修復における鉄の役割と遺伝病への関与:新規複合体CIAXの機能関与 環境学•放射線科学物質影響学