(最終更新日:2022-02-23 17:49:18)
  ミヤモト マサヒコ   Miyamoto Masahiko
  宮本 昌彦
   所属   新潟薬科大学  薬学部 薬学科
   職種   准教授
■ 所属研究室
生化学
■ 学位
博士(薬学)
■ 現在の専門分野
薬系衛生、生物化学 (キーワード:酵母、キラートキシン、HM-1、自然免疫) 
■ 職歴
1. 2001/04~2011/03 新潟薬科大学 薬学部 薬学科 助手
2. 2011/04~2017/03 新潟薬科大学 薬学部 薬学科 助教
■ 所属学会
1. 日本生化学会
2. 日本薬学会
3. 日本分子生物学会
4. 日本免疫学会
■ 著書・論文歴
1. 論文  一般用医薬品を題材にした薬学部1年次コミュニケーション教育の有用性に関する検討 日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会会誌 20(1) (共著) 2022/04
2. 論文  PACT is required for MDA5-mediated immunoresponses triggered by Cardiovirus infection via interaction with LGP2. Biochem Biophys Res Commun. 494(1-2),pp.227-233 (共著) 2017/12
3. 論文  Antigen itself antibody: an alternative one-step immunoassay for measuring the anti-idiotypic antibody titer. Microbiol Immunol 58(9) (共著) 2014/09
4. 論文  The high-osmolarity glycerol- and cell wall integrity-MAP kinase pathways of Saccharomyces cerevisiae are involved in adaptation to the action of killer toxin HM-1. Yeast 29(11) (共著) 2012/11
5. 論文  Genome-wide screen of Saccharomyces cerevisiae for killer toxin HM-1 resistance.  28(1),pp.27-41 (共著) 2011/01
全件表示(19件)
■ 学会発表
1. 2009/10 キラートキシンHM-1結合タンパク質の精製(第82回日本生化学会大会(神戸))
2. 2011/06 酵母キラートシン HM-1の 活性部位と酵母殺菌作用における関連遺伝子群の解明(第52回生化学懇話会)
3. 2011/09 キラートキシンHM-1耐性を指標にした酵母遺伝子欠損株のスクリーニング(第84回日本生化学会大会)
4. 2012/03 酵母遺伝子欠損株を用いたキラートキシンHM-1受容体の同定(日本薬学会第132年会)
5. 2012/06 キラートキシンHM-1の抗真菌活性に対する感受性、および応答に関連する遺伝子群の解明(第53回生化学懇話会)
全件表示(7件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2015/04/01~2022/03/31 基礎薬学への興味・動機づけの工夫
2. 2016/04/01~2022/03/31 学生に予習・復習を習慣づける取り組み
3. 2017/04/01~2022/03/31 アクティブラーニング実施(問題演習)
4. 2019/06~ webアンケート機能(PortalNUPALS、Forms)を利用した演習(担当授業の補強・5年生向けの補強)
●作成した教科書、教材
1. 2020/06/01~ Formsを用いた繰り返し学習用問題集(生物)