(最終更新日:2019-01-31 16:33:52)
  ヤマグチ トシオ   Yamaguchi Toshio
  山口 利男
   所属   新潟薬科大学  薬学部 薬学科
   職種   准教授
■ 所属研究室
微生物学
■ 学位
博士(理学)
■ 現在の専門分野
植物分子・生理科学, 分子生物学, 細胞生物学, 生物系薬学 (キーワード:イオン輸送、細胞内pH維持機構) 
■ 学歴
1. 1992/04~1996/03 富山医科薬科大学 薬学部 卒業
2. 1996/04~1998/03 富山医科薬科大学大学院 薬学研究科 医療薬学専攻 修士課程修了 薬学
3. 1998/04~2001/03 総合研究大学院大学 生命科学 分子生物機構論 博士課程修了 理学
■ 職歴
1. 2001/04~2006/03 Department of Plant Sciences, University of California, Davis 博士研究員
2. 2006/04~2007/03 新潟薬科大学 薬学部 助手
3. 2006/04~2007/03 新潟薬科大学 薬学部 薬学科 助手
4. 2007/04~ 新潟薬科大学 薬学部 助教
5. 2007/04~2017/03 新潟薬科大学 薬学部 薬学科 助教
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 日本植物生理学会
2. 日本生化学会
3. 日本薬学会
4. 日本細菌学会
■ 著書・論文歴
1. 論文  津波塩害地産イチジク葉茶の品質特性解析と苦渋味改善 (共著) 2018
2. 論文  Polyglycine acts as a rejection signal for protein transport at the chloroplast envelope. (共著) 2016
3. 論文  Diversities and similarities in pH dependency among bacterial NhaB-like Na+/H+ antiporters. (共著) 2013
4. 論文  Influence of osmotic and cationic stresses on high pressure inactivation of Escherichia coli. (共著) 2013
5. 論文  Critical involvement of the E373-D434 region in the acid sensitivity of a NhaB-type Na+/H+ antiporter from Vibrio alginolyticus. (共著) 2012
全件表示(20件)
■ 学会発表
1. 1997 スチルベン及びカルコン合成酵素の反応性生物の解析(日本薬学会第117年会)
2. 1998 異種発現によるカルコン及びスチルベン合成酵素の交差反応性(日本薬学会第118年会)
3. 2001 アサガオゲノムにはPr遺伝子以外にもそのホモログが存在していた(日本植物生理学会2000年度年会)
4. 2003 Topology and structure-function analysis of the Arabidopsis vacuolar Na+/H+ antiporter.(1st Pan-American plant membrane biology workshop)
5. 2003 Topology and structure-function analysis of the Arabidopsis vacuolar Na+/H+ antiporter.(Dynamic Vacuoles in Plants (proceedings of the international symposium))
全件表示(26件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2018/06/01~2018/06/07 6年次科目「生命体と薬」におけるアクティブラーニングの導入
■ 資格・免許
1. 薬剤師免許
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2019/03  新市場創出・米加工技術等開発事業 (発酵食品) 新潟県委託事業