(最終更新日:2019-11-21 17:43:03)
  サトウ コウジ
  佐藤 浩二
   所属   新潟薬科大学  薬学部 薬学科
   職種   助教
■ 所属研究室
公衆衛生学研究室
■ 学位
博士(医学)
■ 現在の専門分野
薬系衛生、生物化学, 放射線影響 (キーワード:内分泌かく乱物質) 
■ 学歴
1. 1995/04~1999/11 東京大学 薬学部 薬学科 卒業 学士(薬学)
2. 1999/04~2001/03 東京大学 薬学系研究科 修士課程修了 修士(薬学)
3. 2001/04~2006/08 千葉大学 博士課程単位取得満期退学
4. 2007/01
(学位取得)
千葉大学 博士(医学)
■ 職歴
1. 2006/09~2007/03 新潟薬科大学 薬学部 助手
2. 2006/09~2007/03 新潟薬科大学 薬学部 薬学科 助手
3. 2007/04~ 新潟薬科大学 薬学部 助教
4. 2007/04 新潟薬科大学 薬学部 薬学科 助教
■ 所属学会
1. 2001~ 日本解剖学会
2. 2001~ 日本内分泌撹乱化学物質学会
3. 2002~ 日本分子生物学学会
4. 2005~ 日本先天異常学会
5. 2006~ 日本内分泌学会
全件表示(6件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  MicroRNA-205-5p inhibits three-dimensional spheroid proliferation of ErbB2-overexpressing breast epithelial cells through direct targeting of CLCN3. (共著) 2019
2. 論文  ErbB2 signaling epigenetically suppresses microRNA-205 transcription via Ras/Raf/MEK/ERK pathway in breast cancer. (共著) 2017/08
3. 論文  ErbB2 down-regulates microRNA-205 in breast cancer. (共著) 2011/08
4. 論文  Neonatal exposure to diethylstilbestrol alters expression of DNA methyltransferases and methylation of genomic DNA in the mouse uterus. (共著) 2009/03
5. 論文  Polybrominated diphenyl ethers cause oxidative stress in human umbilical vein endothelial cells. (共著) 2009
全件表示(11件)
■ 学会発表
1. 2018/03 内分泌撹乱物質によるエストロゲン関連受容体発現誘導におけるGPER1の関与(日本薬学会第138年会)
2. 2017/03 内分泌撹乱物質がマウス雄性生殖器のエストロゲン関連受容体βアイソフォームの発現に及ぼす影響(日本薬学会第137年会)
3. 2016/03 ErbB2を過剰発現させた乳腺上皮細胞におけるmiRNA-205ターゲットの探索(日本薬学会第136年会)
4. 2016/03 乳腺上皮細胞におけるmiRNA-205の発現はERK/MAPKシグナルを介したDNAメチル化により制御されている(日本薬学会第136年会)
5. 2014/03 ジエチルスチルベストロールによるエストロゲン関連受容体ERR発現への影響(日本薬学会第134年会)
全件表示(7件)