photo
    (最終更新日:2021-04-06 17:13:14)
  ナカガワ サオリ   Saori Nakagawa
  中川 沙織
   所属   新潟薬科大学  薬学部 薬学科
   職種   准教授
■ 所属研究室
薬品分析化学研究室
■ 学位
博士(医学)
■ 現在の専門分野
医療薬学, 薬系分析、物理化学 (キーワード:臨床分析化学) 
■ 職歴
1. 2005/04~2007/03 新潟薬科大学 薬学部 薬学科 助手
2. 2007/04~2017/03 新潟薬科大学 薬学部 薬学科 助教
3. 2017/04 新潟薬科大学 薬学部 薬学科 准教授
■ 所属学会
1. 日本臨床化学会
2. 2006/04~ ∟ 関東甲信越支部世話人
3. 2017/04~ ∟ 評議員
4. 2021/04~ ∟ 理事
5. 2017~ 日本医用マススペクトル学会
全件表示(14件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  New inhibitory effect of Latilactobacillus sakei UONUMA on the cholesterol biosynthesis pathway in human HepG2 cells. (共著) 2021/04
2. 著書  13節 GC‐MSを用いる血漿中オキシステロールの微量定量法とその応用 (共著) 2020/06
3. 論文  経腸栄養剤とワルファリンの相互作用:2例の症例報告とin vitro研究 (共著) 2020/01
4. 論文  Effects of the koji amazake and its lactic acid fermentation product by Lactobacillus sakei UONUMA on defecation status in healthy volunteers with relatively few stool frequencies (共著) 2019/11
5. 論文  Usefulness of aromatherapy with a stress marker aiming at complementary and alternative medicine. (共著) 2019/08
全件表示(60件)
■ 受賞学術賞
1. 2012/09 平成24年度(第14回)日本臨床化学会 学会賞 奨励賞 Link
2. 2016/04 第26回生物試料分析科学会年次学術集会優秀発表賞 Link
3. 2017/02 第26回生物試料分析科学会年次学術集会優秀演題賞
■ 学会発表
1. 2020/11 一度の前処理によるコレステロール合成・吸収・代謝物の定量法の開発(第60回日本臨床化学会年次学術集会)
2. 2020/11 ワルファリンと経腸栄養剤の相互作用:経腸栄養剤中のワルファリン遊離型濃度と消化管吸収率との関係(口頭発表に選定)(第60回日本臨床化学会年次学術集会)
3. 2020/11 ワルファリンと経腸栄養剤の相互作用:スキャッチャードプロットによる結合部位の推定(口頭発表に選定)(第60回日本臨床化学会年次学術集会)
4. 2020/11 ポリフェノールによるコレステロール生合成抑制機構の解析(第60回日本臨床化学会年次学術集会)
5. 2020/09/18 コレステロール生合成経路に及ぼすエルゴステロールの影響(口頭発表に選定)(第45回日本医用マススペクトル学会年会)
全件表示(182件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2019/08/30 薬学生のための分析化学問題集
■ 資格・免許
1. 1999/05/17 薬剤師免許証
2. 2017/10/07 認定臨床化学者証
■ 社会における活動
1. 2019/08~2019/08 血液の中から病気を見つけよう!
2. 2020/06~2020/06 FMにいつ クリック!秋葉区 まちなか元気予報
3. 2020/09 血液の成分、解き明かせ! 新潟薬科大で小学生らが実験(毎日新聞 2020年9月23日朝刊) Link
4. 2020/10 科学の面白さ伝える 新潟薬大が小中学生対象に(教育学術新聞 私立大学協会)
5. 2020/12 みんなが気になるくすりの疑問(歳末たすけあい募金配分事業)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/07~2021/03  コレステロール生合成系に及ぼすナノミストの作用 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2020/04~2021/03  血液の中から病気を見つけよう! ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI 
3. 2019/04~  GC/MS法を用いたオキシステロールの多項目同時測定系の確立とその臨床的意義 基盤研究(C) 
4. 2019/08~2019/08  血液の中から病気を見つけよう! 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2019/04~2020/03  天然物の抗炎症、抗肥満作用に関する研究 企業からの受託研究 
全件表示(27件)
■ 講師・講演
1. 2015/10 薬物代謝からみた個別化医療(新潟)
2. 2019/06 がん治療におけるゲノム解析の分析方法(新潟薬科大学(遠隔地会議システムによるリアルタイム配信講義))
3. 2019/09 コレステロール合成系と代謝(胆汁酸合成)系に及ぼす食品成分の新しい作用
4. 2019/09 コレステロールの合成・吸収・代謝物の高感度定量法を用いた薬物の評価および食品成分の新しい作用の発見(仙台)
5. 2020/07 がん治療におけるゲノム解析の分析方法(新潟薬科大学(遠隔地会議システムによるリアルタイム配信講義))