セキ ミネアキ   Mineaki Seki
  関 峰秋
   所属   新潟薬科大学  健康・自立総合研究機構
   職種   准教授
発表年月日 2016/09
発表テーマ 長らく機能不明であったDNA修復関連因子MMS19は、鉄硫黄クラスター生合成経路において主要な役割を担っている
会議名 第58回 新潟生化学懇話会
主催者 新潟生化学懇話会
学会区分 研究会・シンポジウム等
発表形式 口頭(招待・特別)
単独共同区分 共同
招待講演 招待講演
開催地名 新潟
発表者・共同発表者 関 峰秋、田中亀代次
概要 鉄硫黄タンパク質は、鉄硫黄クラスターと呼ばれる鉄補欠分子族をもつ。鉄硫黄クラスターの機能は、生体内の酸化還元反応をはじめ多岐にわたる。近年では鉄硫黄クラスターのDNA修復における機能が注目されている。ミトコンドリアにおいて合成された鉄硫黄クラスターがどのようにタンパク質に付加されるのか、そのメカニズムは不明な点が多い。今回我々は、ヒトにおいて長らく機能不明とされてきた MMS19がCIAO1、IOP1、MIP18等と複合体を形成し、この付加反応において中心的な機能を有することを明らかにした。