セキ ミネアキ   Mineaki Seki
  関 峰秋
   所属   新潟薬科大学  健康・自立総合研究機構
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2017
形態種別 総説・解説
査読 査読あり
招待論文 招待あり
標題 TheヒトDNA ポリメラーゼシータ(POLQ)の発見とオルタナティブ エンドジョイニング(Alt-EJ)における役割
執筆形態 単著
掲載誌名 Radiation Biology Research Communications
掲載区分国内
出版社・発行元 放射線生物研究会
巻・号・頁 51(2),35-47頁
総ページ数 13
担当範囲 すべての作業
担当区分 筆頭著者,最終著者,責任著者
著者・共著者 Seki M
概要 放射線等により生じるDNA 二本鎖切断は、染色体異常を引きおこす。そのため、主として相同組換えと非相同末端結合、オルタナティブ エンドジョイニング(Alt-EJ)により修復される。Alt-EJの分子機構は不明な点が多い。近年、長年にわたり機能不明とされてきたDNAポリメラーゼシータ(POLQ)が、Alt-EJにおいて中心的に機能するDNAポリメラーゼであることが明らかになった。本稿においてはAlt-EJにおいてキープレイヤーとなりつつあるPOLQの発見に至る経緯とこれまでに明らかになった特徴を紹介する