(最終更新日:2017-05-15 11:57:52)
  オオツボ ケンイチ   OHTSUBO KEN-ICHI
  大坪 研一
   所属   新潟薬科大学  応用生命科学部 応用生命科学科
   職種   教授
■ 学歴
1. 1970/04~1974/03 東京大学 理学部 卒業
2. 1989/03
(学位取得)
東北大学 農学博士
■ 著書・論文歴
1. 著書  Evaluation of palatability of cooked rice Advances in international rice research 2017/03 pp.91-110
2. 論文  Effects of super-hard rice bread blended with black rice bran on amyloid β peptide production and abrupt increase in postprandial blood glucose levels in mice Biosci. Biotechnol. Biochem. 2016 81(2),pp.323-334
3. 論文  Comparison of eating quality and physicochemical properties between Japanese and Chinese rice cultivars Biolsci. Biotechnol. Biochem. 2016 80(12),pp.2437-2449
4. 論文  Possibility of diabetes prevention by high-amylose rice and super hard rice J. Diabetes and Obesity 2016 3(1),pp.1-8
5. その他 穀類(特集:日本食品標準成分表2015年版) 臨床栄養 2016/07 129(1),18-29頁
全件表示(37件)
■ 受賞学術賞
1. 2004/09 日本食品科学工学会技術賞
2. 2013/09 日本応用糖質科学会学会賞
3. 2013/11 新潟日報文化賞
4. 2016/03 日本農芸化学会英文誌論文賞
■ 取得特許
1. 2017/04/21 味噌水溶液に浸漬した粉状質米を原料とする加工食品(日本特許第6128515号)
2. 2016/12/09 無塩発酵味噌を含む米加工食品の製造方法(日本特許第6051808号)
3. 2014 米の品種識別方法(日本特許 第5563206号)
4. 2014 発芽種子およびその製造方法(日本特許第5841467号)
5. 2013 硬質発芽穀類加工食品およびその製造方法(日本特許 第5414100号)
全件表示(10件)
■ 科研費研究者番号
80353960
■ 学会発表
1. 2017/03/18 アミロイドβ誘導性神経細胞死およびTauリン酸化亢進に及ぼす黒米糠抽出物の影響(日本農芸化学会平成29年度大会)
2. 2017/03/18 赤タマネギ添加発芽玄米の糖尿病および認知症の発症予防の可能性(日本農芸化学会平成29年度大会)
3. 2017/03/19 各種の湿熱処理玄米の物理化学特性の評価(日本農芸化学会平成29年度大会)
4. 2016 食品素材による認知症予防効果の予備検討及び機能性パンの試作(日本農芸化学会2016年度大会)
5. 2016 Neuro2a APPswe 細胞が産生するアミロイドβによるリン酸化Tauレベル亢進のFACS解析(日本農芸化学会2016年度大会)
全件表示(16件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/10~2019/03  認知症予防効果の期待される米飯および米加工食品の開発 内閣府SIP 
2. 2015/04~2018/03  生物的、物理的手法による良食味で難消化性の加工米飯の開発及び機能発現機構の解明 基盤研究B