(最終更新日:2019-02-12 17:54:52)
  トミナガ ヨシコ   TOMINAGA YOSHIKO
  富永 佳子
   所属   新潟薬科大学  健康推進連携センター
   職種   教授
■ 学位
博士(薬科学)、経営学修士
■ 現在の専門分野
医療系薬学 (キーワード:社会薬学、服薬アドヒアランス、医療コミュニケーション) 
■ 学歴
1. 2015/09~2018/09 慶應義塾大学 薬学研究科 後期博士課程 博士課程修了 博士(薬科学)
2. 1999/09~2001/05 ジョージタウン大学経営大学院 修了 経営学修士
3. 1982/04~1986/03 徳島大学 薬学部 薬学科 卒業 薬学士
■ 所属学会
1. 日本薬学会
2. 日本医療薬学会
3. 日本医薬品情報学会
4. 日本くすりと糖尿病学会
5. 日本薬剤疫学会
全件表示(6件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  Community pharmacists’ current perceptions of medication counseling in Japan: Classification by latent class analysis (共著) 
2. 論文  Relationship between medication adherence and glycemic control in Japanese patients with type 2 diabetes. (共著) 
3. 論文  Multidimensional quantitative analysis of pharmaceutical care by community pharmacists: A Japanese nation-wide survey. (共著) 
4. 論文  Possible associations of personality traits representing harm avoidance and self-directedness with medication adherence in Japanese patients with type 2 diabetes. (共著) 
5. 著書  “薬剤疫学研究実施のためのガイドライン” (翻訳) in 臨床研究と疫学研究のための国際ルール集 Part 2. (共著) 
■ 受賞学術賞
1. 2018/10 日本くすりと糖尿病学会 優秀発表賞
2. 2018/03 日本薬学会 学生優秀発表賞受賞
3. 2017/07 日本医薬品情報学会 最優秀演題賞
■ 科研費研究者番号
90837759
■ 学会発表
1. 2018/10/13 糖尿病患者の服薬アドヒアランス不良リスク推定モデルの作成と介入支援ツールの構築-患者への個別化対応実践のために-(第7回 日本くすりと糖尿病学会)
2. 2018/09/04 Study protocol: personalized intervention with a tool predicting poor adherence of diabetic patients.(78th FIP World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences)
3. 2018/09/04 Study protocol: influence of the 5-htt and comt polymorphism for placebo effect on Japanese adults.(78th FIP World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences)
4. 2018/03/27 糖尿病患者の治療行動における アドヒアランス関連因子に関する研究 -内的要因としての病識に着目した探索的検討-(日本薬学会第138年会)
5. 2017/12/07 Can we properly locate safety information associated with Kampo products in VigiAccess ? : Coverage by WHO international drug monitoring system.(第38回日本臨床薬理学会学術総会)
全件表示(11件)
■ 教育上の能力
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2019/02/14~2019/02/14 アドバンストOSCE向けワークショップにおけるコミュニケーションパート担当
■ 資格・免許
1. 2016 動機づけ面接(2級)
2. 2012 NLP(Neuro Linguistic Program)ビジネスマスター
3. 2011 NLP(Neuro Linguistic Program)プラクティショナー
4. 1986 薬剤師
■ 社会における活動
1. 2018/10~ 薬局薬剤師による 糖尿病患者の療養支援に関する個別化対応の介入試験
2. 2018/10~2018/10 薬局薬剤師の薬学的ケアの新たな視点
3. 2018/11~2018/11 医薬品を適切に服用しないリスクに 関連する様々な要因