(最終更新日:2017-04-17 18:47:43)
  クボタ マサトシ   Kubota Masatoshi
  久保田 真敏
   所属   新潟薬科大学  応用生命科学部 応用生命科学科
   職種   特任講師
■ 現在の専門分野
食品科学 (キーワード:米タンパク質、生理学的機能性) 
■ 学歴
1. 2006/10~2010/03 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻 博士課程修了 博士(学術)
■ 所属学会
1. 2005~ 日本栄養・食糧学会
2. 2007~ 日本アミノ酸学会
3. 2013~ 日本腎臓学会
4. 2016~ 日本農芸化学会
■ 著書・論文歴
1. 著書  日本食およびその素材の健康機能性開発  2016/05 169-175頁
2. 論文  Reduction of dietary lysine increased free glutamate content in meat and improved its taste. Animal Science Journal 2017/02 88(2),pp.300-305
3. 論文  Protective effect of composite earthworm powder against diabetic complications via increased fibrinolytic function and improvement of lipid metabolism in ZDF rats. Bioscience, Biotechnology and Biochemistry 2016/10 80(10),pp.1980-1989
4. 論文  Rice endosperm protein slows progression of fatty liver and diabetic nephropathy in Zucker Diabetic Fatty rats. British Journal of Nutrition 2016/10 116(8),pp.1326-1335
5. 論文  Effect of dietary histidine on contents of carnosine and anserine in muscles of broilers. Animal Science Journal 2015/05 86(5),pp.541-546
全件表示(14件)
■ 受賞学術賞
1. 2016/05 日本栄養・食糧学会奨励賞
■ 学会発表
1. 2016/05/13 米タンパク質の新規生理学的機能性に関する研究.(第70回日本栄養・食糧学会大会)
2. 2016/05/15 米胚乳タンパク質の特性と糖尿病合併症に対する有効性.(第70回日本栄養・食糧学会大会)