(最終更新日:2018-11-05 19:41:17)
  クボタ マサトシ   Kubota Masatoshi
  久保田 真敏
   所属   新潟薬科大学  応用生命科学部 応用生命科学科
   職種   特任講師
■ 所属研究室
食品分析学研究室
■ 現在の専門分野
食品科学 (キーワード:米タンパク質、生理学的機能性) 
■ 学歴
1. 2006/10~2010/03 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻 博士課程修了 博士(学術)
■ 所属学会
1. 2005~ 日本栄養・食糧学会
2. 2007~ 日本アミノ酸学会
3. 2013~ 日本腎臓学会
4. 2016~ 日本農芸化学会
■ 著書・論文歴
1. 著書  お米の化学 白米タンパク質の生理学的機能性 (共著) 2017/07
2. 著書  米蛋白質の食文化と機能性.“穀類の歴史・食文化と機能性” (共著) 2016/12
3. 著書  日本食およびその素材の健康機能性開発 (共著) 2016/05
4. 著書  米胚乳タンパク質の特性と新規健康機能 (共著) 2015
5. 著書  食品機能性成分の吸収・代謝機構 (共著) 2013
全件表示(22件)
■ 受賞学術賞
1. 2016/05 日本栄養・食糧学会奨励賞
■ 取得特許
1. 2017/03/01 米タンパク質を有効成分とする血清尿酸低下剤(6088071)
2. 2017/05/12 タンパク質栄養組成物(6139150)
■ 学会発表
1. 2007 Difference in manufacturing process of rice protein affects its digestibility in gastrointestinal trace of rats.(10th Asian Congress of Nutrition)
2. 2008 Effect of cooking process on the in vivo digestibility of rice prolamin in rats.(Second International Symposium on Rice and Disease Prevention)
3. 2009 Cooking makes rice prolamin indigestible.(19th International Congress of Nutrition)
4. 2011 Cooking causes the deterioration of prolamin digestibility in rice.(12th International Congress on Amino Acids, Peptides and Proteins)
5. 2011 Mechanism of the change in digestibility of rice prolamin by cooking.(XI Asian Congress of Nutrition)
全件表示(9件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2013/04~2015/03  小腸の粘膜免疫および全身免疫に対する米タンパク質摂取の有効性 若手研究(B) (キーワード:米胚乳タンパク質、細胞性免疫、Th1/Th2バランス)
2. 2015/04~2017/03  慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常に対する米胚乳・米糠タンパク質の有効性 若手研究(B) (キーワード:米胚乳タンパク質、米糠タンパク質、CKD-MBD)